セフレとセックスの快楽に溺れる日々

1年前から関係が続いている女がいる。

某出会い系サイトで知り合って意気投合した40歳のママさんだ。親から受け継いだ小料理屋を守っている姿が何ともけなげで可愛い。

40歳だけど、童顔でクリクリの目をしているため、とても若く見える。お客にも20代後半だと思われることもあるという。清楚な雰囲気で、男受けするタイプだろう。

 

ママ目当ての常連さんも多いらしく、小さなお店ながら結構な賑わいを見せている。

たまに誘われることもあるのよ(笑) 

イタズラっぽく笑う表情が無邪気で堪らない。この笑顔に惹きつけられて何人の男が客になったんだろうか?

 

ある日の仕事帰り。フラッとママの店に立ち寄ったら、もう店を閉めるところだという。ちょうどいいタイミングということで、お店は終わりにして2人で飲むことにした。

いつもは外で食事をして、ホテルでセックスってカンジだから、改めて横並びでお酒を飲むとなんか新鮮だ。ママをが作ってくれたハマグリの酒蒸しと、いんげんの煮物をつまみにしながらお酒がすすんでいく。

そんなつもりはなかったのだが、いつもよりママが色っぽくみえて、抱きついたり首筋にキスをしたりした。

だめよ。ここじゃだめ

職場ということでけじめはつけておきたいらしい。(笑)

 

とはいうものの、ママの弱いところは知っているし、どこをどうすればスイッチが入るかはわかっているので、重点的に責めてみる。耳に冷たい息と暖かい息を交互に吹きかけて、ビクンっとなったタイミングで、舌先で耳の穴を舐める。(笑)

んっ!

ママの口から熱い吐息とくぐもった声が漏れてくる。

 

こうなればこっちのもので、顎をグイッと掴んで、舌を強引にねじ込ませてのディープキスだ。

あっけなく陥落したママのほうからベロを絡めてくる。オレのほっぺや歯茎をぐちょぐちょと舐めまわし唾液の交換タイムが始まる。

胸に手をいれて、大きめの乳頭に触れると、ピーンと張って感じている。強めに摘んだり、弾いたりしてあげると苦しいのか喜ばしいのか分からない表情をする。

 

でも、これは彼女がめちゃめちゃに感じているときにするメスの顔だ。

スカートのうえから太ももをまさぐって、その手を中に忍び込ませると、湿度の高い布にあたる。

パンティの上から陰核をなぞってあげるとじんわりと濡れてくるのがわかった。堪らなくなってきたのか、両腕を俺の首に巻き付けて舌を出しながらキスを求めてくるママ。

部屋に・・・2階にいきましょう

 

階段をあがり、殺風景な和室に布団を敷いて裸になる2人。ディープキスをしながら、割れ目に指を這わせると、とろーりとした蜂蜜のような愛液が溢れでてくる。

口で舐めてあげると、ビクビクと反応して逝きそうになっているのがわかる。

俺のも舐めてほしかったので69の体勢でお互いを求めあった。痛くないように唾液をたっぷりとつけて激しくクリトリスを吸い続けていると、ママは半狂乱になりながらイッテしまった。

もちろん、それだけで俺の攻撃の手は緩むはずもなく、割れ目に舌を突っ込んでグリグリしながら鼻先でクリトリスを刺激してやると

ヒィ ヒィ ぁぁああ~~

とチンポを口から離してまたイッテしまったようだ。

 

 

ママの顔を見てみると、チンポを入れてほしくて堪らなさそうな表情をしていたので、どうする?と意地悪に聞いてみると、コクっと頷いてギンギンになったぺ二棒をしゃぶってくる。まったくいやらしいメスだ。

舌先で、我慢汁をすくいあげて美味しそうに楽しそうに舐めまわすメス犬。

そろそろ俺も限界に近付きつつあったので、亀頭の先をママのクリトリスとアナに何度かこすり付ける。その度に、ハアハアと潤んだ目で俺を見つめてくる。

そして、いきり立ったモノを先っぽだけいれてみる。

はぁん、はぁぁ

 

こんなにもスケベな表情ができる女を俺は知らない。そのくらいソソル顔だ。

奥までねじ込んでいくと、待ってましたとばかりに両足で俺の腰をホールドしてくる。

ジュブ、ニュプ、じゅぶぶとチンポと愛液とマンコの肉壁がこすれる音が狭い部屋に響く。

3回深くいれて、1回浅くピストンを暫く続けていくと、ママのアソコがギュンと締まってくるのがわかったから、それを合図に荒々しい強いピストンに変える。

うぎぃだめぇ逝きそう、あぁ、いくいくうぁ~

 

女の喜びを全力で現わしながらママはビクビクして痙攣が止まらなかった。だけど、まだまだ俺のチンチンは元気だったので、無視してピストンを続けていく。

バチンバチンと強烈に腰を打ち付けられて、白目がちになりながら必死に耐えるママの顔がエロい。この表情見たさに抱いていると言ってもいいかも知れない。

だめ、だめ、またイク、イクイクイク。あ~

 

布団には潮なのか愛液なのか分からないが、大きな楕円が拡がっていた。

結局この日は店に泊まって、朝までに何度も何回も求めあって、肉欲の解消に努めたのだった。

ママとはセフレ掲示板【セフレ欲しいぞ.com】を紹介してくれたサイトで知り合ったのだが、ここまで相性のいい女に出会えるとは思ってもいなかったから、本当にありがたいよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です