出会い系イククルで会った18歳処女をセフレにできた体験談

世間ではマーチと言われているまあまあな偏差値の大学3年生です。

自分で言うのもどうかと思いますが、周りの人間からは優秀なヤツだと思われていることが多く、個人的に家庭教師のバイトを頼まれることもよくあります。

生徒が女の子だったらそういうことにならないかって?

 

もちろん今までに教えた可愛いお嬢さんはみんな毒牙にかけてきましたよ。cやkなんて恋愛事で頭がいっぱいのスイーツだから、少しドキドキを味わわせてやると簡単に処女を捧げてくれます(笑)

ただ、あまりにヤンチャがすぎたのか、c3の娘とエッチしている現場を母親に目撃されてしまい俺の信頼は地の底にへばりついてしまいました。

 

その日は母親にPTAの用事があって、娘と2人きりでご飯、勉強を教えるという名目だったんだけど、盛りのついた若い男女がベッドのある部屋に2人きりだったらどうなるかわかりますよね(笑)

そう、ベッドで盛り上がっている最中に、母親が提出しなければならない書類を忘れて帰ってきちゃったんです。

 

勉強に励んでいるはずの娘の必修科目が保健体育だと知った母は半狂乱というか、絶叫しながらブチギレですよ!ウチの親にも連絡されるし、未成年相手ってことで訴えるだのなんだのって本当に大変でした。

そういった事情があって、身動きができなくなってしまった俺は、女を探し求めるために出会い系の掲示板に投稿をして女を漁りはじめました。

ちょうど友達にミントcjメールとイククルを使ってヤリまくってる男がいたから、手ほどきを受けてその技を使わせてもらうと、高校卒業したばかりで事務員に就職が決まった18歳と仲良くなることができました。

LINEはまだ早いってことでカカオトークを教えてもらって、やりとりを続けていると、どうやら処女だということが判明しました。写真見ても可愛し、女子高出身で出会いが無かったからバージンを無くす機会が見つからなかったんだなと推測です。

 

17日間のカカオトークを経て、ついに会えることになりました。待ち合わせ場所に着くと紺色のニットセーターに、赤いチェックのミニスカートの清楚な女の子が立っていました。

サイゼリヤに入り、賑やかに食事をした後にドライブに連れ出しました。夜景が綺麗に見える場所で、凄く感動してくれてデートを楽しんでくれているようです。

車に戻り、雰囲気を作って助手席の太ももに手を伸ばしました。「ダメ・会ったばかりだよ」という彼女の手を振りほどきながら強引にブラを外して弾力の物凄いオッパイを揉みまくります。

観念したのか、場所を変えてくれるならということで、部屋に連れこんで、めでたく処女をいただきました。

 

あれから2年が経ち、僕も博士課程にあがって少しは大人になれましたが、彼女のほうがもっと大人ですね。今では野外プレイや緊縛を望むようなど淫乱になっています。

最近は1つ年下の彼氏ができたらしく、「今度は私がいろいろ教えてあげよ♪」と嬉しそうに笑うのでした。

セフレの僕とは変態プレイで、大好きな彼氏とは愛のあるセックスを楽しむそうです。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です